読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉良 吉陰の奇妙な音楽日記

It's Only Music, But I Love It.

苗場のロック・ファンにも一刺し、見舞います(笑)



f:id:killer_yoshikage:20150510164341j:image
『孔雀』
女王蜂










 今年のフジ・ロックに出演が決定した神戸市出身のバンド、女王蜂が2011年に発表した、2ndアルバム(メジャー・デビュー・アルバム)。
 下の写真を見てもらえば分かると思いますが、メンバーの本名はおろか、年齢、性別、国籍まで全てが謎のバンドです。
 このアルバムに収録されている、変態ガレージ・ダンス・ナンバー「デスコ」は、映画『モテキ』にも使用されている曲なので、バンド自体の知名度は高いとは言えないかもしれませんが、「デスコ」だけは知っている方も少なくないかもしれません。
 「デスコ」も親しみやすいとは言え、充分、変態なのですが、『孔雀』全体の変態性は「デスコ」ですら普遍的なポップに聴こえてしまうほどです(笑)
 メタリックなガレージ・サウンドがアルバムの根幹を成していますが、シンフォニック・メタル、ファンク、昭和歌謡曲、果てはプログレッシブ・ロックまで、ほとんど統一感があるとは思えない音楽性を無節操に詰め込みながらも、独創的で唯一無二の世界観を築き上げています。
 この唯一無二の世界観の変態性を高めているのが、ヴォーカリストのアヴちゃんのヴォーカルで、「デスコ」のファルセット・ヴォイスから昭和歌謡風のヴォーカル、オペラチックな(?)コーラスまで、恐ろしく幅広い唱法の持ち主でバンドの世界観の要になっています。
 アヴちゃんのヴォーカルを支えるバックの、やしちゃん、ルリちゃん、ギギちゃん(現在は脱退)の演奏技術の高さも、このバンドがただの変態バンドとは思えない次元にまで高めています。
 このバンドは衣装やメイク、アクセサリーまで、全て自分達で作成していて、ヴィジュアルでも自分達の美学を貫いているのですが、こうした美学へのこだわりがサウンドにも反映されているところも、このバンドの魅力の一つです。
 今年のフジ・ロックを観に行かれる方で、3日目もご覧になる方は、ぜひ観ておいて損はないかもしれません。
 邦楽バンドは中途半端な洋楽バンドよりも、よっぽど面白いバンドが結構いたりしますが、女王蜂もそんなバンドの一つ。
 個人的に来月にライブに行くキノコホテルと共に、自分がこよなく愛する異形の邦楽バンドであります。
 







 













f:id:killer_yoshikage:20150510164325j:image