読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉良 吉陰の奇妙な音楽日記

It's Only Music, But I Love It.

3月以降の期待の新作

 自分のfacebookにも数日前にアップしたものを編集したものです。
 3月以降に期待したい新作を簡単に紹介したものですが、facebook版に何枚かのアルバムを追加しています。
 あくまで、保存の効かないfacebookの記事のコピーを編集して、よりブログ購読に適するようにしたものに過ぎませんが、個人的な備忘録的の使用目的での書き込むでもあります。


f:id:killer_yoshikage:20150228175810j:image
『Policy』(3/11発売)
Will Butler

 ARCADE FIREのヴォーカリスト、ウィル・バトラーのソロ・アルバム。
 YouTubeで公開された新曲「Anna」では、意表を突いたニュー・ウェーブ・サウンドで、ARCADE FIREではやらない新局面を披露。
 ガレージ、ファンク、ニュー・ウェーブ等、ARCADE FIREでは出来ない自由奔放な作品が期待できそうです。


「Anna」
Will Butler

 

f:id:killer_yoshikage:20150228175821j:image

『If I Kill This Thing We're All Going To Eat For A Week』(3/10発売)
LIEUTETENANT

 FOO FIGHTERSのネイト・メンデルがフーファイでの忙しい活動の中で製作した、新しいバンドでの新作(ちなみにLIEUTETENANTはアルバム製作だけでなく、小規模のライブ・ツアーもこなしています。)
 YouTubeの音源を聴く限りでは、歌をじっくりと聴かせる佳曲でしたが、ネイトのこのバンドのアルバムでの音も気になります。


「Rattled」
LIEUTENANT



f:id:killer_yoshikage:20150228172907j:image

『Vulnicura』(CD 3/10発売 / iTunes発売済)

 既に、iTunesでは1/21に発売されていますが、CDの発売は来月の10日になります。
 iTunesでアルバムを購入された方は既に音源は当然、聴いている訳ですが、CDでの購入を望まれている方もいらっしゃると思います。
 去年、FKA twigsの製作にも関わったアルカがプロデューサーの一人として加わり、まだ聴いていない方は楽しみな一枚になりそうです。


「Vulnicura(Full Album)」


f:id:killer_yoshikage:20150228173318j:image

『A N D』(3/18発売)
 tricot

 数日前、僕のfacebookでも情報アップした日本人女性三人組のバンド
 変拍子を多用したポスト・ロック的側面とJ-POP的なポップさを併せ持つ、海外でも注目のバンド。
 ドラマーのkomaki♂が脱退して三人になった事で、更に新しいサウンドにも取り組んでいるそうなので期待したいです。


「E」
tricot



f:id:killer_yoshikage:20150228173252j:image

『The Gteat Pretenders』(輸入盤 3/24 / 日本盤 4/8)
MINI MANSIONS

 QUEENS OF THE STONE AGEのベーシスト、マイケル・シューマンのバンドですが、QOTSAとは全く違ったサウンドの美しいコーラスが魅力のインディー・ポップ。
 ブライアン・ウィルソン(BEACH BOYS)とアレックス・ターナー(ARCTIC MONKEYS)等をゲストに迎えた作品でもあり、マジカルなポップ・ワールドが楽しめそうです。


「Death Is A Girl」
MINI MANSIONS



f:id:killer_yoshikage:20150228173230j:image

②『Fantasy Empire』(3/11発売)

 メタリックな爆音と濃厚なサイケが持ち味の二人組インディー・バンド、LIGHTNING BOLTの新作。
 従来の耳が潰れそうなくらいの爆音オルタナとギトギトの濃いサイケが持ち味の、エクスペリメンタル・ポスト・ロックを新作で、どう聴かせてくれるのか楽しみです。


「The Metal East」



f:id:killer_yoshikage:20150228173354j:image
『Sol Invictus』(5/19発売)
FAITH NO MORE

 既にYouTubeで新曲も披露していますが、2月の来日公演でも何曲か披露し、97年の『Album of the Year』以来の新作ということで大きな期待をしたい一枚。
 来日公演では堂々の王道ぶりを見せつけたFNMも元々は卓越したプレイヤーなだけに、新作でも王者としての意地を見せるとは思います。


「Mothetfucker」
FAITH NO MORE