読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉良 吉陰の奇妙な音楽日記

It's Only Music, But I Love It.

(祝)フジ・ロック出演決定


f:id:killer_yoshikage:20150403122132j:image
『Royal Blood』
ROYAL BLOOD










 今年1月の単独来日公演に引き続き、フジ・ロックの出演も決定した、ROYAL BLOODが昨年リリースした、セルフ・タイトルのデビュー・アルバム。
 英ブライトン出身のマイク・カー(ヴォーカル/ベース)と、ベン・サッチャー(ドラムス)による、ギターレス・デュオで、"英国の未来を背負って立つ"とまで絶賛されている、現在、最も期待されている、UKバンドです。
 サウンドは、"LED ZEPPELIN + QUEENS OF THE STONE AGE"と、各音楽メディアで評されていますが、確かにその形容そのものが一番当てはまります。
 そのオーソドックスなヘヴィーなグルーヴが肝になっているサウンドで革新性があるわけでもなく、かと言って、当然、その手のサウンドで奇をてらっているわけでもないのですが、近年デビューしたバンドでは、最も全英で注目を集めるバンドです。
 自主レーベルの"Black Mammoth"からリリースした、デビュー・シングル「Out of the Black」が、いきなり、UKロック・チャート1位を獲得すると、続いて、メジャー・レーベルのワーナー・ブラザースからリリースした、2ndシングル「Little Monster」も、UKロック・チャート1位を獲得。 当然、このデビュー・アルバムも全英1位を獲得しました。
 世界中のあらゆるロック・フェスにも引っ張りダコで、同じフジ出演が決定している、FOO FIGHTERSのUKツアーへの同行も決定しています。
 デビュー・アルバムのレコーディングは、ウェールズロックフィールド・スタジオでデビュー・シングル以来の付き合いとなる、トム・ダルゲティのプロデュースで行われました。
 考え過ぎたり、ライブで再現出来ない音を付け加えたりせずに、「自分達に出来ることを、そのまま捉えようぜ!」を合言葉に、リアルに追求した結果が、このアルバムです。
 バンドのサウンドに関しては、LED ZEPPELINBLACK SABBATHWHITE STRIPESを引き合いに出されることが多いですが、MUSEQUEENS OF THE STONE AGEの影響が大きいそうです。
 マイク・カーによると、ベースがギターの役割も果たす現在のスタイルは、MUSEのベーシスト、クリス・ウォルステンホルムのベース・プレイやサウンド・メイキングを参考にしているそうです。
 また、マイクは、QOTSAの『Songs for the Deaf』をフェイバリットに挙げていて、同アルバムのメロディアスで壮大なところに魅力を感じているそうです。
 確かに、このバンドはMUSEとはタイプが違うと思いますが、次世代のQOTSAと言えるバンドではあると思います。